深呼吸する言葉・浅田一憲

「深呼吸する言葉」橘川幸夫さんの主催する「深呼吸する言葉」の作法に則って、毎日一本100文字以内で書く詩(歌)です。

深呼吸する言葉・できるかできないかじゃない

できるかできないかじゃない。 できるまでやるか、できる前にやめるかだ。

深呼吸する言葉・細かいお金に拘る人

いやでも真面目に、細かいお金に拘る人って、でっかいお金を稼ぐことができない人だと思う。こじんまりと生きる人間だ。

深呼吸する言葉・忙しい日々も、辛い日々も、心配な日々も

忙しい日々も、辛い日々も、心配な日々も、終わってしまえば一瞬だ。

深呼吸する言葉・時間の消費

できることはできるけど時間がかかる。時間は一度消費するともう2度と戻ってこないから大切に使わなければ。

深呼吸する言葉・皆が遊んでいるときに働いている人がいる

皆が遊んでいるときに働いている人がいる。それを見てようやく、自分は皆が働いているときに遊んでいる人だということに気づく。

深呼吸する言葉・批判されることを恐れる人

批判されることを恐れる人は、批判することも恐れる。なぜかと言うと批判したら批判されるから。

深呼吸する言葉・チャンスは定期的に巡ってくるけれど

チャンスは定期的に巡ってくる。でも人によってその定期の長さが違う。努力し正しいことをし良い人と付き合っていると、チャンスが巡ってくる頻度がどんどん高くなる。

深呼吸する言葉・良い人と付き合いたくても

良い人と付き合え!と教えられるけど、良い人に付き合ってもらえるような人間になれ!と教えたほうが良い。

深呼吸する言葉・家族が

家族が愛し合うのが一番の幸せ。家族が憎み合うのが一番の不幸。

深呼吸する言葉・デマと正義

デマを拡散する人の多くは、その行為を正義だと思ってる。正義のためだから、その内容が虚偽かどうかなんて気にしない。

深呼吸する言葉・頭が溢れているとき

今、頭の中にあることが、少したったら忘れてしまうかもしれない。 この複雑なことをメモするより、やった方が早い。 そういう感じでいつも焦っている。余裕がない。

深呼吸する言葉・忙しい時には

忙しい時にはいろいろなことが疎かになる。そうしていろいろ問題が起きる。 世の中のことは絶えずメンテナンスしていなければならないことばかりだ。 忙しい時はそれを思い出させてくれる。

深呼吸する言葉・今すぐどうにかしようとするから駄目

今すぐどうにかしようとするから駄目なんだ。いつか、自分が生きている間にやればそれでいい。

深呼吸する言葉・いつもダラダラしてるから

いつもダラダラしているから一年に一度くらい人様の役に立つように、自らの力で頑張らないとな。人に頼らずに。

深呼吸する言葉・忙しくても切羽詰まらない

忙しくても切羽詰まらない。悲愴な気分にならない。ギャグを言うくらいの余裕を持つ。それが本来楽しいことを楽しくやるコツ。

深呼吸する言葉・エアコン週間

エアコンがなければ辛いけど、あっても使うのはわずか1週間。1週間のために買うかどうか?

深呼吸する言葉・バチ

毎年、辛い思いをしている人を尻目に、こちらは涼しいぞ自慢なぞしているから、今年はこんなに酷い目に合うのだ…

深呼吸する言葉・お金のためならとてもやってられないけど

お金のためならとてもやってられないけど、誰かの笑顔のためならやってやろうじゃないの!

深呼吸する言葉・心配の損

心配ごとのうち、本当になるのはいくつもないので、多くは心配するだけ損をしている。 心配ごとが本当になったとしても、そのずっと前から心配しているので、心を痛めている時間が長くてやはり損をしている。

深呼吸する言葉・たまにはOいつもX

人間たまにはのんびりしないと駄目。 人間いつものんびりしてばかりじゃ駄目。

深呼吸する言葉・発散とまとめ

誰も気づいていないことを見い出す視点を持ち、物事を発散させる人がいる。 誰も気づかないような関連性や共通点を見つけて、物事をまとめる人がいる。 そのどちらもできる人が戦略家となる。

深呼吸する言葉・誰かがいない寂しさを

誰かがいない寂しさを何かで紛らわしているつもりはない。 何かで紛らわせても寂しさは消えない。 寂しさと一生連れ合って、優しい笑顔で生きてゆくのだ。

深呼吸する言葉・楽しいことは向こうからは来てくれない

楽しいことは向こうからは来てくれない。こちらから行かなければ。

深呼吸する言葉・気温は高くても空は晴れない

気温は高くても空は晴れない。するとなんだか気持ちも晴れない。 大きく背伸びして、深く息を吸って、目をつぶって、僅かな風が体に当たるのを感じる。 そうやって心を整えていく。

深呼吸する言葉・暑苦しいから

暑苦しいから髪の毛をバッサリ切る。 暑苦しいから人間関係をバッサリ切る。

深呼吸する言葉・知って知らないで

自分のことで、知っておいてもらいたいことと、知らないでいてほしいことがある。 知っておいてもらいたいから何でもオープンにするか、知らないでいてほしいから何でも秘密にするか、人によって別れるな。

深呼吸する言葉・体を動かさないと

応援するよって言う人はたくさんいるけど、汗水流して働いて稼いだお金を本当に寄付する人は少ない。お金でなくても大切な時間を使って手伝う人も少ないよな。口を動かすだけじゃ駄目、体を動かさないと。

深呼吸する言葉・お前のここが駄目だった

そうだね、それは大変だったねと言う奴なんて何もありがたくない。わからんくせに共感するふりをするな。お前のここが駄目だったと言ってくれる方がよほど有り難い。

深呼吸する言葉・年の差の感謝

若者はしばらくしてからようやく年上の恩人のことを思い出して感謝するようになり、年寄は若者を見て若かりし頃の大切なことを思い出しやはり感謝する。

深呼吸する言葉・でもきっといつかわかる

どんなに素晴らしい人を見ても、どんなに素晴らしいことを体験しても、自分のレベルがそこからかけ離れていたらどれくらいすごいことなのかわからない。でもきっといつかわかるようになる。