深呼吸する言葉・浅田一憲

「深呼吸する言葉」橘川幸夫さんの主催する「深呼吸する言葉」の作法に則って、毎日一本100文字以内で書く詩(歌)です。

深呼吸する言葉・ずっとあり続けることはできない

ずっとあり続けることはできない。永遠に続くと思いがちなこの心地も明日には無くなってしまうかもしれない。明日はまだあったとしても明後日には無くなってしまうかもしれない。だから悔いなく生きよう。

深呼吸する言葉・望みはラグビーボール

望みというのは、ラグビーボールやタスキみたいなもので、ひとりで抱えるのではなく、次々に繋げていくものだ。

明るい未来を信じて進めば、望みは繋がっていく。そしていつかは実現する。

深呼吸する言葉・ボウイが死んだときは

ジョン・レノンのが死んだときは、大切なものを失った。

尾崎豊が死んだときは、心に何か刺さった。

加藤和彦が死んだときは、自分の一部を引きちぎられた。

デイビッド・ボウイが死んだときは、死に様を教えられた。